お達者わんこで大往生!病気予防からボケ対策・介護、お葬式、ペットロス解消のツボまで全部教えます

元気に動き回っていたわんこも、早いものでは、10歳を超えたあ
たりから老化現象が見受けられるようになります。
このまま健康で寿命をまっとうしてもらいたい、と誰でも願います
が、残念なことに寝たきりになる犬もいます。
寝たきりになる原因としては、足腰が弱ってきた延長であったり、
病気が進行した結果であったりします。
今まで家族の心を和ませてくれた愛犬の老後をしっかりと支えてあ
げることも飼い主の務めです。
健康な老犬に育てるコツについては、こちらに書いてありますので、
ぜひご覧ください。
http://wannko100made.web.fc2.com/

老化は自然現象なので止めようはありませんが、少しでも進行を遅
らせる方法はあります。
また、病気は早期発見と適切な治療で予防することも可能です。
ただ、いろいろと手を尽くしても、結果的に寝たきりになることも
あります。
万が一、愛犬が寝たきりになった場合に備えて介護の方法を学んで
おくことも犬を飼う人にとっては必要なことです。
また、犬も人間同様に高齢化による痴呆症状が現れたりします。
その際にあわてないように対処方法や改善方法も知っておきたいも
のです。

そして、まことに悲しいことですが、これも避けられない現実とし
て愛犬とのお別れがあります。
いくら長寿を願っても、人間同様に犬にも寿命というものがありま
す。
ペット・ロス症候群などという病名も、今ではだいぶ聞きなれたこ
とばになりました。

愛犬に去られた悲しみは、飼い主でなければ理解できないものに違
いありません。
ですが、愛犬をきちんと送ってあげることで、その悲しみとも早く
決別できることもあります。
愛犬に感謝し、自分の気持を整理するためにどのように送ってあげ
れば良いのでしょうか。
そんなことも心の準備として早めに学んでおきましょう。
このホームページは、老犬とその良き飼い主のために、犬が幸せな
老後を送られるよう願い、書きました。
犬の老化を必要以上に恐れることなく、老犬との生活を十分楽しん
でいただくことができたら幸いです。

お達者わんこ

トップページ
かかりつけのお医者さんを確保しよう
お医者さんにかかる準備はこうする
僧帽弁閉鎖不全症・こわい心臓病
腎不全・おしっこの量の変化に注意して
股関節形成不全・大型犬、肥満犬は特にご注意
変形性骨関節症・若くても肥満の犬に発症注意
歯周病・日ごろの歯磨き習慣が大切です
白内障・視力が落ち、失明することもあります
糖尿病・ペットにもある生活習慣病
クッシング症候群・早期の発見、治療が肝心
皮膚疾患・あちこち痒いぞ、原因もあれこれ
甲状腺機能低下・寒がりになったら注意
椎間板ヘルニア・猛烈な痛みで生活にも支障が
前立腺肥大・未去勢の老犬に見られます
子宮蓄膿症・高齢で未去勢の雌犬はご用心
痴呆症・うちの子がボケた!?−1
痴呆症・うちの子がボケた!?−2
痴呆行動にはこう対処する−1
痴呆行動にはこう対処する−2
老犬の介護はこう考えたら楽になります
寝たきりにはしたくない
介護が必要なとき・寝たきりになったらこうしよう
悲しい決断・安楽死を選択するとき−1
悲しい決断・安楽死を決断するとき−2
安易な判断・身勝手な飼い主
愛犬が亡くなったらこうしましょう
土葬・火葬どちらにするの?
愛犬のお葬式をあげましょう
供養についての素朴な疑問
ペット・ロス症候群ってなに?
心の整理をつけましょう
悲しみを乗り越えるために

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system