お達者わんこ>腎不全・おしっこの量の変化に注意して

【おしっこの量の変化に注意してください】
★腎不全
【原因】
慢性の場合は、老齢化して腎炎や循環器などの病気が進行
したりして腎臓の機能がうまく働かなくなった場合に起こります。
さらに悪化すると、体内に老廃物が大量にたまるようになり、尿毒
症を引き起こします。
急性腎不全は、腎炎、心不全などの内臓機能の低下と感染症でもそ
の引き金となることがあります。
慢性、急性いずれの場合も、膀胱炎や尿道結石などにより尿の出が
悪くなって発症することがあります。

【特徴】
特定の犬種はなく、すべての犬種に見られる病気です。
【症状】
慢性の場合は、最初は腎機能の衰えで濃縮された尿ができ
ないために尿の量は増加します。
その反動で水を大量に飲むようになります。
そして、次第に食欲不振となり、下痢や嘔吐などの症状が現れ、重
症になるとケイレンなど神経症状が出ることもあり、悪化すると尿
が出なくなり、死に至ります。
急性の場合は尿が出にくくなり、食欲不振、下痢や嘔吐にむくみも
見られるようになり、急速に症状が悪化します。

【治療法】
慢性の場合は、腎臓に負担をかけないよう、たんぱく質、
塩分、リンを制限した食事療法が主となります。
場合によっては入院が必要となり、点滴、薬物投与で治療しなけれ
ばなりません。
急性の場合は、その原因となっているものを除去して腎機能を回復
させます。
【予防法】
腎機能は、一度失われると回復は望めません。
初期の症状、多飲・多尿に気づいたら、お医者さんにその状態を話
して検査を受けるようにしましょう。

お達者わんこ

トップページ
かかりつけのお医者さんを確保しよう
お医者さんにかかる準備はこうする
僧帽弁閉鎖不全症・こわい心臓病
腎不全・おしっこの量の変化に注意して
股関節形成不全・大型犬、肥満犬は特にご注意
変形性骨関節症・若くても肥満の犬に発症注意
歯周病・日ごろの歯磨き習慣が大切です
白内障・視力が落ち、失明することもあります
糖尿病・ペットにもある生活習慣病
クッシング症候群・早期の発見、治療が肝心
皮膚疾患・あちこち痒いぞ、原因もあれこれ
甲状腺機能低下・寒がりになったら注意
椎間板ヘルニア・猛烈な痛みで生活にも支障が
前立腺肥大・未去勢の老犬に見られます
子宮蓄膿症・高齢で未去勢の雌犬はご用心
痴呆症・うちの子がボケた!?−1
痴呆症・うちの子がボケた!?−2
痴呆行動にはこう対処する−1
痴呆行動にはこう対処する−2
老犬の介護はこう考えたら楽になります
寝たきりにはしたくない
介護が必要なとき・寝たきりになったらこうしよう
悲しい決断・安楽死を選択するとき−1
悲しい決断・安楽死を決断するとき−2
安易な判断・身勝手な飼い主
愛犬が亡くなったらこうしましょう
土葬・火葬どちらにするの?
愛犬のお葬式をあげましょう
供養についての素朴な疑問
ペット・ロス症候群ってなに?
心の整理をつけましょう
悲しみを乗り越えるために

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system