お達者わんこ>愛犬のお葬式をあげましょう

【愛犬のお葬式をあげましょう】
愛犬の寿命は人間よりも短いのですから、その死に立ち会うことは
飼い主の宿命ともいえます。
そして、その旅立ちを見送ってあげることは、飼い主の責任をまっ
とうすることでもあります。
誠に悲しいことですが、愛犬の死を現実のものとして、しっかり受
け止めなければなりません。

そのための儀式として、ぜひ愛犬の葬儀をしてあげましょう。
別にお金をかけた豪華なものは必要ありません。
飼い犬仲間や愛犬に思い入れのあるご家族、親戚一同で、愛犬の死
を悼み、思い出を語り合いましょう。
そして、長い間生活を共にして、心を癒してくれた愛犬を、きちん
と送り出してあげることで、あなたの気持も一区切りつけることが
できるのです。
ただ、何頭も犬を飼ってきた人は別として、実際に愛犬の葬式をど
のようにしたらいいのか、戸惑う人がほとんどと思います。
人間の葬儀であれば、地域のしきたりや菩提寺の宗派によって手順
や内容は決まっているので、問題なく執り行えます。

ですが、ペットの場合は、そのような制約は一切ありません。
一方、多くのペットの葬儀社は似たような形式を採用していますが、
そのホームページなどを見ても、全体像としてハッキリとらえるこ
とはできないのではないでしょうか。
家族同然だったのだから、人間と同じように送ってあげたいと考え
ても、では、具体的にどうしたらいいのか見当がつかないというこ
とも起こりえます。
「ペットを送る葬儀」という考え方も、まだまだ一般的にはなって
いないため、思わぬ勘違いや誤解が生じることもあります。
その溝を埋めるためにも、ペットの葬儀についていっしょに考えて
みましょう。

お達者わんこ

トップページ
かかりつけのお医者さんを確保しよう
お医者さんにかかる準備はこうする
僧帽弁閉鎖不全症・こわい心臓病
腎不全・おしっこの量の変化に注意して
股関節形成不全・大型犬、肥満犬は特にご注意
変形性骨関節症・若くても肥満の犬に発症注意
歯周病・日ごろの歯磨き習慣が大切です
白内障・視力が落ち、失明することもあります
糖尿病・ペットにもある生活習慣病
クッシング症候群・早期の発見、治療が肝心
皮膚疾患・あちこち痒いぞ、原因もあれこれ
甲状腺機能低下・寒がりになったら注意
椎間板ヘルニア・猛烈な痛みで生活にも支障が
前立腺肥大・未去勢の老犬に見られます
子宮蓄膿症・高齢で未去勢の雌犬はご用心
痴呆症・うちの子がボケた!?−1
痴呆症・うちの子がボケた!?−2
痴呆行動にはこう対処する−1
痴呆行動にはこう対処する−2
老犬の介護はこう考えたら楽になります
寝たきりにはしたくない
介護が必要なとき・寝たきりになったらこうしよう
悲しい決断・安楽死を選択するとき−1
悲しい決断・安楽死を決断するとき−2
安易な判断・身勝手な飼い主
愛犬が亡くなったらこうしましょう
土葬・火葬どちらにするの?
愛犬のお葬式をあげましょう
供養についての素朴な疑問
ペット・ロス症候群ってなに?
心の整理をつけましょう
悲しみを乗り越えるために

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system